リピート率

リピート率が高いデリヘル嬢ならば、単純に考えて「影で本番行為をしているのではないか」と思うかもしれませんが、法律によって縛られている以上、「している」ということはありません。お客さんは「お金さえ払えばヤれる」と考えているケースが非常に多いですが、これは法律に則ってお店側でも禁止事項となっています。

このため、本当に良いサービスとは、利用者の方への丁寧な接客となります。人それぞれによって快感のポイントも違うため、利用者個々に即したサービスを提供してくれるデリヘルこそがリピート率の高さに通じています。事務的に処理をするのではなく、愛情を接することや、フィニッシュを迎えた後もトークなどで雰囲気をつくることなど、コース時間を目一杯使ってお客様に楽しんでもらえるように努める嬢は良いサービスをしてくれる嬢となります。

利用者によっては恋人気分を味わいたい場合もあるため、利用者が何を求めているのかを的確に判断し行動してくれる嬢がいることで訪れる人もまた来たいなと感じるようになり、それが高いリピート率へとつながるのです。この注意点としてあくまでも適切なサービスが良いサービスとなり、過剰なサービスは良いサービスとは異なります。

デリヘル嬢を目指している女性は、こうしたことをしっかりとふまえておくと良いでしょう。そして、サービスももちろんですが勤務する風俗店のある場所もリピート率に大きく関わってきます。俗に言う風俗エリアにある場合は、男性が集まりやすいので、集客に繋がるはずです。しっかりお客様をリピートさせたい女性の方は、風俗好きが集まりやすいエリアにあるデリヘルを探すようにしましょう。

 

良いサービスとは?

それではどのようなサービスがいわゆる「良いサービス」とされ、またリピート率の高いサービスとされているのでしょうか。ここで「容姿」と答える方は、まだまだ経験が浅いかもしれません。確かに顔やスタイルの良さは重要なステータスではありますが、それだけではリピート率が高くなるとは限りません。容姿が普通なデリヘル嬢であったとしてもリピート率が高いということも考えられます。デリヘルにおける良いサービスとはつまり、嫌な顔をせずに笑顔でサービスを提供してくれる、ひと時だけでも感情を押し殺してお客さんに尽くしてくれるデリヘル嬢を指します。

デリヘル嬢も一人の女性であり、例えばあまり好みではないなと感じることもあるものですし、サービスの提供を拒みたくなるシーンもあるものですが、それでも表情には出さず、サービスを提供してくれる嬢こそが人気の出るデリヘル嬢の条件と言えるのです。具体的には短時間ですぐにサービスを提供してくれる、挨拶が自然でいきいきとしている、スキンシップやお客さんの要求にも応じるといったサービスができているデリヘル嬢は人気が出やすく、つまりリピート率が高くて、何度もお願いしたくなるデリヘル嬢ということになります。

リピート率って何?

風俗業界にはリピート率という言葉があります。この言葉は本来お店側の人が使っていた言葉でしたが、現在では利用者も使用するようになっています。その意味は「リピート」、つまり繰り返しサービスを利用する確率を指します。リピート率が高いお店ならば、その分良いサービスを受けられる可能性が高く、逆に低いお店はお客さんが寄り付かないお店を意味していますので、どのデリヘルを利用するか迷った際にリピート率を見ることでお店選びがはかどると言うことができるのです。サービスを提供する女性に対してもリピート率という言葉が用いられることになり、「この女性だからもう一度利用する」と思わせてくれる嬢はリピート率が高い傾向にあります。

デリヘル嬢はお金さえ支払えば、基本的に誰にでもサービスを提供してくれることになりますが、嬢自身に入るお金は取り分がパーセンテージによって決められていて、料金の内何割かはお店に入るという仕組みになっているため、嬢自身も固定客を持っているか否かによって収入が大きくことなることになります。つまりリピート率が高ければ高いほど、デリヘル嬢も経済的に楽になりますので、リピート率は非常に重要な考え方というわけです。

デリヘルのプレイ内容は?

デリヘルはどの程度までのプレイが可能となっているのか、利用したことの無い方は気になるところかもしれませんね。デリヘルは風俗の一種ではありますが、プレイ内容は限られていて、具体的にはキスや全身リップ、シックスナイン、玉舐めや素股、フェラチオなどのプレイを楽しむことが可能となります。ここで1つ注意しなければならないのは、いわゆる「本番行為」はプレイ内容に含まれていないという点です。日本は売春が法律によって禁止されているため、デリヘルのお店からしても容認するわけにはいきません。プレイには限界があるという認識を持たなければなりません。

ここで「それではソープはどうなんだ?」と感じる方もいるかもしれませんので、説明を加えておくと、ソープランドの場合には入浴中に個人恋愛に発展して行為に及んだという解釈がされることになり、いわば法律のグレーゾーンとされています。しかしながら現実には、ソープでプレイを楽しむならば本番アリとされるのが一般的となっており、その他のデリヘルやハコヘルなどの風俗店では本番行為はできないものだと割り切って考えられています。

デリヘルは指定した場所に女性を派遣してもらい、プレイを楽しむというサービスで、時間によって料金が発生することになりますが、単価がソープよりも安いため人気も高い風俗サービスとなっています。しかし値段が安い分、プレイ内容にある程度の制限がかけられることになるのです。